視座を上げる

「視座」は「見る立場」

「視点」は「見ているところ」

「視野」は「見る範囲」

手帳ナビゲーターになって約2年。

エビデンスありきの医療の世界しか知らなかった私にとっては、

時代の変化ともにブラッシュアップすることや、そのスピードの速さが早くて、

「前と言ってること違うやん!」と感じる事も多かった。

try&errorを繰り返しながら、らせん階段を上がる状況にようやく腹落ちした私がいる。

先週と今週の2日にわたり、

第8期手帳ナビゲーター養成講座を再受講しました。

なぜ再受講だったかというと、

①リスケをすれば受講が可能なスケジュールだったこと、

②2年の間に沢山の手帳ナビゲーターが誕生し、色んな価値観を持つ人がいる中でのプロジェクトリーダーや毎週レギュラーでのライブ配信など、初めて経験することが次々とやってきたこと

③ブラッシュアップが必要とピンときたこと!

このタイミングでの再受講は必然だったと感じました。

実際に再受講の中では気づきがあふれていました。

2年前とはまるで違う、ブラッシュアップされた講座の内容。

そしてナビゲーターとしての役割の再確認。

それらはもちろんのこと、

私自身の環境や気持ちが2年前とはまるで違っていたことに気づきました。

自分の事は自分で分からない事が多いけれど、それに気づくことが出来た再受講。

そして、「視座を上げる」という事を体感出来たこと。

2年前にナビゲーター養成講座を受けた時、

自分のやりたいことはって聞かれたときに、

「家族が」「子どもが」だったんです。つまり「私が」何をしたいのかが分からない。

この頃は、仕事と子育て中心の生活で、

子どもや家族の為に自分の事を犠牲にしていたり、

自分の事は常に後回し。

何かあっても、その場が上手く治まるのであれば私が我慢すればいい…って思いながら生きていたし、

それが当たり前だったから。

それが2年経過した今は、

「家族が」「子どもが」と主語になる時はあるけれど、「私は〇〇がしたい」と言えるようになった。

それが自分勝手とかいう事ではなく、

自分を大切にしたいと思うから、

自分の為に時間を取ったり、

自分の事を優先する時間があってOKだね。

っていう考えに変わったから。

だから、今は自分を犠牲にしているとか後回しにしてる感覚はなくて、

そんな状況になりそうな時「私はどうしたいの?」って自分に聞けるようになった。

こう振り返ることが出来るのは、

手帳ナビゲータになったことはもちろん、

手帳にログとして日常を書きこんでいたこと、

振り返って「どうすれなよかった?」を自分に聞いていたこと、

自分労わる時間をとるようになったから。

それ以外にも多分沢山のことがあって、今の私がいるのだけれど、

養成講座を終えて、感じたことはこれからももっと自分を大切にすること。

それがどういう意味なのか?

具体的にどんな事なのか分からない。

どうすればいいの?

なんてふと思われた方は…ご連絡くださいね。

片山はるかのタイムマネジメント手帳術を受けていただくと、

その後のフォローや不定期ですが相談会も開催して、

「ちょっと聞いてくださいよ~」という機会も作っていきますね。

2022年FORCE手帳のカラーやお申込みは来こちら↓

2022年はどんなカラー??

お母さんになると、自分の事は後回し。

「私がどこに行きたいか?」より「子ども達が楽しめるか?」を考える。

一緒に楽しめたら最高です💓が、正直、「私はこっちのがいいけど…」っていう事ありませんか?

「私がしたいこと」を実現できたら、ワクワクしませんか?

「時間の使い方」は「人生をどう過ごすか」を考えること。

そんな講座を開催しています。LINE登録はこちらから。

各講座は下記のロゴをクリックしていただくとご案内ページが表示されます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中