医療現場のワークライフバランスって?


医療現場でも、当たり前のように耳にするようになった『ワークライフバランス』という言葉。

産休、育休も取得しやすくなりましたし、男性が取得する姿もみかけます。一緒に働いていたドクターが育休取得したという話も聞いた事があります。

私がフルタイムで働いていた十数年前であれば、


子どもの体調不良で呼び出しがあると、文句を言うスタッフがいた

◯研修は時間外(深夜入りの日は本当に辛い…)

◯委員会の仕事や研修レポは持ち帰り

◯休みの日に研修や学会参加

◯看護研究(毎年、言われないかドキドキする。)

など、休日や時間外でも当たり前でした。

現在はどうでしょうか?
(あくまで私が働く職場は…ですが)

◯研修は時間内(数十分のオンライン受講も時間内)

◯仕事は持ち帰りもありますが、時間内に取り組む時間を確保できる事も

◯看護研究の文献検索できるネット環境がある

これだけでも随分、変化してますね。

看護師の配置人数が増えた事で、上記が確保しやすくなった事も。

という事は…

皆さんが同じ労働環境であれば、

◯持ち帰りの仕事が減る=仕事外の時間が増える✨✨✨

◯勤務時間内に看護ケア、研修や委員会の仕事をする=勤務中は結構手一杯😭

となりそうですが、実際はどうでしょうか?

✅「え⁉️何も変わってない。」

✅「そもそも、持ち帰りの仕事減らないし…」

✅「休みの日でも仕事の事を考えてばかり。」

✅帰ってからもバタバタで、私はいつゆっくり座れるの?

それが解消されない要因の一つは「時間の使い方」なんです✨

ワークライフバランスって、直訳すれば仕事とプライベートのバランスです。

皆さんにとって仕事とは?

皆さんにとってプライベートとは?

まず、一日何して過ごしてたか?を書き出してみる事をオススメします。

そしたら、仕事でもプライベートでも、ものすごーーく皆さん沢山の事をこなして、本当に頑張られてます❤

私頑張ってる❗と自分を誉めてあげてくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中