子ども達もスケジューリング

先週、小学校に追加の宿題を取りに行きました。

宿題の内容を見ていると、

答え合わせは親が…、

道徳の教科書を読んで自分の思いを書く…、

タブレット学習に役立て…とパスワードが配布される。

すべて親が見る前提な事に、正直「えー‼️」となりました。

昼間は学童に行ってますが、全てを学童に委ねる訳にもいかないです。仕事ありきの家庭には、今の状況は中々大変です。

仕事から帰ってきたら、答え合わせと音読、明日の宿題確認。

夜になると、子どもも疲れていて、聞く耳を持たないですから、親もイライラしてくるわけです。

タブレット学習のパスワードも配布されましたが、学童にWi-Fi環境が整備されていませんし、家にはパソコン一台。

結局、見てません。

でも、出来ないことばかりを並べていても進歩なし❗なので、子ども達に宿題のスケジューリングを提案しました。

学校配布のプリントを参考に、長女はサクサクと計画をたててました。

長男は「ムリ❗」と即答で、私がたてました…😅

スケジューリングで気をつけた事は、

①計画通りに進まなくても⭕出来た所は💮

②私が宿題をみる時間をきめる

③出来ていないところを明確にするため、付箋にコメントいれて、本人にも伝える

これを始めて三日間。

長男は、テレビみて呑気に過ごす間に、私は黙々と◯つけをしながら、付箋を張る。

その後、長男と相談しながら、明日の宿題も決めて、手帳と勉強道具一式を片付け。

これで、今はお互いにスムーズに進んでます。ただ、道徳だけは週末になりそうですが…。

出来ないと思っていたら出来ない。

ちょっと愚痴をこぼしながらも、出来る方法を考えてみる。

それを考える良い機会になりました。

長男の持っているだけだった手帳も、スケジューリングできて、喜んでいることでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中